線路に2男児1人死亡、石川 JR北陸線粟津駅付近

  • LINEで送る

石川県粟津駅の現場

 25日午後6時50分ごろ、石川県小松市のJR北陸線粟津駅付近の線路に「人が倒れている」と110番があった。男児2人が倒れており、病院に搬送されたが意識不明の重体で、うち1人が死亡した。小松署によると、死亡したのは同市の山本悠太君(5)で、もう1人は兄の晃君(7)。悠太君の死因は脳挫傷だった。

 同署は2人が電車に接触したとみて、詳しい状況を調べている。

 JR西日本金沢支社によると、福井発金沢行きの普通電車が粟津駅を出発する際、運転士が前方のホーム端から約1メートル先の線路付近に人が倒れているのを発見した。