追ってきた男性殴る 事後強盗容疑で逮捕 市原署

  • LINEで送る

 市原署は19日、事後強盗の疑いで自称、市原市八幡北町3、土木作業員、日下部秀和容疑者(56)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後3時ごろ、同市五所の住宅近くに止められていた自転車の前かごから小銭入れを盗もうとしたところ、同市の無職男性(70)に目撃され、追跡、取り押さえようとしてきた男性の右腕を殴った疑い。

 同署によると、現場に居合わせた男性の妻が110番通報。男性が日下部容疑者を取り押さえた。男性にけがはなかった。日下部容疑者は容疑を否認している。