酒飲みひき逃げ 容疑の女を逮捕 館山署

  • LINEで送る

 館山署は15日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで南房総市千倉町北朝夷、自称パート従業員、加藤絵美里容疑者(40)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は1月29日午前0時45分ごろ、館山市北条の市道で、アルコールの影響で正常な運転が困難な状態で軽乗用車を運転。道路の端を歩いていたパート従業員女性(23)=同市=を後ろからはね、右足骨折の重傷を負わせたまま逃げた疑い。

 同署によると、同日午前1時ごろ、現場近くの国道410号交差点で、事故現場に向かっていた同署員が赤信号無視をする加藤容疑者の車を目撃し、酒気帯び運転などの疑いで現行犯逮捕していた。

 防犯カメラの映像や遺留品から、ひき逃げ事件で加藤容疑者が浮上。加藤容疑者は酒を飲んだことや信号無視は認めているが「事故は覚えていない」と供述。同市内の飲食店などで酒を飲んだとみられる。